株式会社N-PAGE|企画・デザイン・制作

新しいページを開くときのような、ワクワク感を。

雑踏の中の名コピー 〜朝、不意打ちで言われた人生訓〜

ヤクシミズ!! ルハサマです。

耳に残る、記憶に残る言葉を
追い求めて日々生活している私は、
何気ない瞬間に投げかけられた言葉が
ムショーに気になっちゃう、
そんなことが多々あります。

いやいや、今日もありましたよ。
通勤ラッシュ時の京王線の某駅。
特に混雑しがちなホーム前方、
溢れるような利用客を整理する駅員。
そして必死の形相で放ったこの言葉。

“前方車両、大変混雑しております!
前方車両、大変混雑しております!
ぜひ、皆様、
いがみ合いではなく、ゆずり合いで
ご乗車、お願いいたします!”

いがみ合いではなく、ゆずり合い。
ほほう。
どこかで聞いたことのあるような
標語めいた言葉ではありますが、
なぜか強く耳に残る言葉でもあります。

その理由として、まず挙げられるのが
「語感がいい」ということでしょう。
“合い”と“合い”の韻が踏まれていて、
ラップテイストの仕上がりになっている。
「いがみアイじゃなくゆずりア~イ」と、
リズミカルに口ずさみたくなります。

そして、もう一つあるのが、
「シチュエーションの妙」でしょう。
通勤ラッシュというのは、そこにいる
誰もが没個性的になる時間です。
自分という存在は大量の荷物の一部。
そして、ホームに佇んでいる駅員は
大量の荷物を押し込んでいく機械。
非常にオートマチックな、無機質な
空気が全体を覆い包んでいます。

そんななか、突如として
人間くささを感じさせる、
ちょっと金八めいた
“人生訓”的なことを言われたら、
どうでしょう。
ハッとなりはしませんか。
(あれ!?おれだけですか!?)

口ずさみたくなる語感の良さと、
意表をつくシチュエーション。
人の頭に残るノウハウって、
結構ここに集約されている、
そんな気がしないでもありません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
株式会社N-PAGEは、
日々新しい技術、手法を模索し続ける
イノベーティブな制作会社です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)