株式会社N-PAGE|企画・デザイン・制作

新しいページを開くときのような、ワクワク感を。

ん……ちょっと待って、この名前何!?

イイ アクシャムラル!! ルハサマです。

前回、成功するネーミングの法則の一つ、
濁音と半濁音についてご紹介しました!
まぁ、これ以外にもさまざまな法則、
テクニックがあるのですが、
独断と偏見による超極論を言ってしまえば
私は“頭に残ればいい!”と考えています。
言うまでもなく商品名やサービス名は
世の中に溢れていますから、
いかに人の“ん?”とか“は?”とかを
呼び起こすかが勝負だと思うのです。

そういう意味で、私が、いやおそらく
多くの日本人が気になったであろう
一つの名前があります。

Mbappé

そう、サッカーフランス代表で、
2018年のワールドカップでは
圧倒的なスピードで世界の度肝を抜いた
あのエムバペ選手です。

エムバペと書いていますが、他にも

「ムバペ」
「ンバペ」
「エンバペ」
「ムバッペ」

など、さまざまな表記があるという、
何とも実態のつかめない名前。
(本人いわくエンバペが最も近いとか)

なかでも多くの日本人が気になるのが、
「ンバペ」。
アフリカには“ン”が最初という言葉も
少なくありませんが、
日本ではあまり、というかまず見ない。
(沖縄の方言には結構あるようですが)
多くの日本人にとって、
最初につく“ン”はかなりの異物感があり、
だからこそ気になるものなのです。

なので、もしネーミングを考える際、
“とにかく人の頭に残る名前にしたい!”
と考えるなら、“ン”が最初につく
名前にするという手もありかと。

「弊社の“ン●●”ですが〜」
「“ン●●”の場合はですね〜」

と、商談では言いづらいでしょうが、
その分相手は“ン●●”のことが
ジワジワと気になっているはずです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
株式会社N–PAGEは、
商品やサービスのコンセプトワークから、
ネーミング、デザインまで
幅広く承っている制作会社です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)