株式会社N-PAGE|企画・デザイン・制作

新しいページを開くときのような、ワクワク感を。

結構いいぞ!!ネーミング視点でのN-PAGE

ヒューヴェーパィヴェ!!ルハサマです。

皆さん、商品やサービス名を考える時
何がいいか悩むことってありませんか?

成功する、厳密には成功しやすい
ネーミングの法則って
いくつか存在するのですが、
その一つに、濁音「゛」や半濁音「゚」を
入れるとよい、というのがあります。
なぜか?理由を簡単に言ってしまえば、
“耳に残るから”ではないかと思います。

たとえば、オナラを表現する音が
“ブゥ〜ッ”だったとします。
(例として正しいかはさておき)
この音を耳にしたとき、たいがいの人は
「ウワッ!マジか。ちょい勘弁してよ」
そんな印象を抱くのではないでしょうか?
…でもその反面、なんだか音がずっと
耳に残って、気になっている自分もいる。
そう、濁音っていうのは
基本的にイヤなんだけど引っかかる。
人の心をざわつかせて、ときには
怖いもの見たさの感情をかき立てる、
そんなヤツなんです。

一方で、半濁音。オナラの音が
“プゥ~ッ”だった場合はどうか。
(例として正しいかはさておき)
この音を耳にした場合、たいがいの人は
「ちょっと(笑)な〜にやってんの!」
そんなやさしいツッコミをするはずです。
半濁音、つまりパピプペポってのは
とにかく明るくて元気いっぱい。
そして、どこか抜けていて親しみがわく。
そんなヤツなんです。

特性は違いますが、どちらも
“なんか気になる”という面では同じ。
その点においては、
このN-PAGEの名前はスバラシイ。
エ・ヌ・ペ・イ・ジ
ほら、濁音と半濁音の両方が入っている!
なかなか良いネーミングだと言えます。

そんなことを考えていたら、
「もっと耳に残るんじゃないか?」と
思えるアイデアがありましたので、
それはまた別の機会に。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
株式会社N–PAGEは、
商品やサービスのコンセプトワークから、
ネーミング、デザインまで
幅広く承っている制作会社です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)